• mixiチェック

足のむくみ、冷え症(札幌の針灸院)必ず改善 | 黎明総合院

■2018/05/25 足のむくみ、冷え症(札幌の針灸院)必ず改善 | 黎明総合院
冷え症に悩まれる方が、当院にもたくさん来られます。女性では半数以上とも言われていますが、不調があっても医療機関の検査で異常が見つからないと治療の対象になりにくいものです。



身体の一部や複数に冷えがあると、痛みなどの症状も起こりやすくなるばかりか、冷えによって悪化する疾病も少なくありません。冷えを改善することは、心身の不調や病気の悪化を予防する事にもつながります。

冷え症が原因となって悪化させやすい症状や疾患は、めまい、肩こり、神経痛、頭痛、不眠、腹痛、腰痛、関節痛、下痢、便秘、月経不順、月経痛、頻尿、しもやけ等があり、それらの症状や疾患が単体ではなく、いくつも随伴症状を伴って身体全体に不調を生じさせる事がある為、冷え症は大変厄介な疾患です。もともと患っている鼻炎や喘息、膀胱炎、関節リウマチなどの疾患も冷えによって悪化してしまう事もあります。

また人の体温が1℃下がると、免疫力が大きく低下したり、不妊の原因にもなりかねません。冷えによって血行が悪くなることで、卵巣に酸素や栄養が十分に届かなくなってしまい、その結果、卵巣機能の低下につながります。

東洋医学(漢方)には、現代医学と違ったとらえ方があります。
東洋医学的に説明すると、冷え症は「気・血・水」の異常で腎虚と認識します。この「気・血・水」は東洋医学の基本概念で、私達の身体を構成する三大要素です。常に全身を循環して、バランスが取れていると健康状態が良いと判断します。
しかし循環に不調が起きていると病気を進行させ、慢性化していると考えます。



また「気・血・水」の量が不足したり、巡りが悪くなる事で、様々な冷えを生じさせるてしまうと考えます。多くは、体力が低下した「虚証」の方に多くみられます。
当院で、数多くの患者さんの治療を行っていますが、ほとんどの方に血行不良、東洋医学(漢方)でいう、瘀血(おけつ)がみられます。
瘀血とは、主に腹部のうっ血や血行障害のことで、血の流れの滞りによって、多くの症状の原因となります。

さらに女性の患者さんには、下半身の冷えが酷くてむくみを伴う方も多くおられます。東洋医学(漢方)では「水」の巡りが悪い状態で(水滞)と考えます。いずれにしても、冷え症を改善するには「気・血・水」のバランスを取り、全身を循環させなければ健康を取り戻すことが出来ません。

最後に東洋医学的に「腎虚」の説明を詳しく解説します。腎は現代医学の腎臓機能の他、身体を温めたり、水分代謝や生殖機能に深く関わっています。
私達には、生まれた時から両親から受け継いだ「先天の気」が備わっており、この「先天の気」とは、特別な気(精)であり、「腎気」とも、呼ばれています。
腎気は加齢とともに徐々に減ってしまい、無理をする事で、腎症の状態がさらに進みます(老化が進む)。見た目だけではなく身体のバランスに不調が生じ、体調を崩したり、冷えが強く現れたりします。老化がどんどん進行してしまうので、「冷え症」には、腎をいたわる事が一番の老化防止策であると考えます。



腎に貯蔵された「先天の気」が加齢とともに徐々に減ってしまうことは必然ですが、体を温めたり、バランスの取れた食事や、適度な運動によって後天の気を作り、減少する「先天の気」に補充する事で、身体の不調を整えるのが東洋医学のあり方であり、理論なのです。



「新鍼法黎明流黎明総合院の、冷え症及び足のむくみ等の予防・改善策の鍼灸治療法は、長年の研究と数多くの臨床経験から構築された鍼灸処置法です。全身的観察及び独自の検査法(脈診、腹診含む)を用いて診断を行い、ひとり一人に合わせた治療を行い、必ず効果期待できるものです。(また初めての方でも針治療は全く痛くありませんので、ご安心ください。)
長期間にわたって悩み苦しまれている方は、お電話でご予約の上、ぜひ、ご来院ください。
東洋医学の黎明流鍼灸治療は効果絶大です。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
黎明(レイメイ)総合院(鍼灸・接骨・整骨)
http://reimeisougouin.sakura.ne.jp/
住所:〒007-0835
北海道札幌市東区北三十五条東15-1-17 オーシャンビル1F(東豊線新道東駅1番出口左横)
TEL:011-704-7171
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

各種お取扱い

・各種健康保険
保険証をお持ちください
(国保・協会健保・共済等)
・交通事故、労災、生保
交通事故での受傷も整骨院で治療することができます。
相手側の保険治療の場合、基本的に患者様の費用負担はありません。
後遺症でお悩みの方も、一度お気軽にご相談ください。