• mixiチェック

子宮内膜症|下腹部痛(札幌の針灸院)画期的治療|黎明総合院

■2019/01/29 子宮内膜症|下腹部痛(札幌の針灸院)画期的治療|黎明総合院
婦人科で子宮内膜症と診断され薬の長期服用を続けることに不安を感じたり、期待したような結果にならず、来院される方も少なくありません。長年、患ってきた月経時の激しい下腹部痛(生理痛)や子宮内膜症も、当院の鍼灸治療によって画期的効果発揮し、どこよりも早「治る身体」に導きます。



子宮内膜症は20代~40代の女性に多くみられます。何故、この年代の方に多いかというと、この年代の方はエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が多いからです。
エストロゲンの分泌が多いと子宮内膜の増殖と剥離を繰り返します。そして、このエストロゲンは年齢が若いときほど活発に働くので、増殖と剥離の働きも活発になります。


子宮内膜症は、もともとは子宮の内側だけにあるはずの子宮内膜が、子宮の内側以外の場所にできてしまう病気ですが、子宮の内側以外の場所に出来てしまった内膜も、本来の子宮内膜と同じように生理と同じサイクルで女性ホルモンの影響を受けます。
増殖や出血を繰り返しますが、子宮以外では増殖した内膜や血液は体外に排出することは出来ません。その為、毎月生理の度に炎症を起こしてしまい、ほとんど閉経するまでに少しずつ病状が進んでいきます。

この疾患の特徴として、
生理痛が年々酷くなっている
ピルを服用しても痛みが治まらない
毎月、激しい腹痛で大変な思いをしている
妊娠しにくい身体になってしまったらと思うと、とても不安など
放置すると月経の度に疼痛が酷くなって増悪し、癒着にまで進行してしまうこともあります。また、下腹部痛から腰痛、性交痛、排便痛なども悪化していきます。
さらに、内膜が癒着することによって卵管の機能障害や卵巣機能の異常が不妊の原因となってしまいます。早期に炎症を解消させるためにも、出来るだけ早く東洋医学的(針灸)治療を開始することが望まれます。途中で諦めることなく忍耐強く治療と向き合うことも大切です。


黎明総合院髙橋院長による子宮内膜症のセミナー in 苫小牧

当院の子宮内膜症を改善させる治療法は、下腹部から離れた腕や足にある穴(ツボ)に針や灸を行います。これは、内臓器の体表が神経でつながっている為「内臓=体性反射」を念頭に置いたものです。下腹部の血流の循環を改善して、自己回復力や免疫力を高めていきます。同時に自律神経及びホルモンバランスを整え、消炎、排出を高めます。

新鍼法黎明流黎明総合院子宮内膜症や下腹部痛(生理痛)の鍼灸治療は、長年の研究と数多くの臨床経験によって構築した画期的な効果をもたらすものです。また、当院独自の検査法を用いて多彩な病状の原因を見出し、ひとり一人に合わせた的確な鍼灸処置法を行い「治る身体」に導いて行きます。投薬治療の副作用や習慣性を避けて、東洋医学(漢方)の鍼灸治療を希望される方が、最近多くなっています。
たくさんの方が、子宮内膜症や下腹部痛(生理痛)が治り元気になられておりますので、上記疾患で悩み苦しまれている方は、お電話でご予約の上、ご来院ください。
東洋医学の黎明流・鍼灸治療は効果絶大です。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
黎明(レイメイ)総合院(鍼灸・整骨)
http://reimeisougouin.sakura.ne.jp/
住所:〒007-0835
北海道札幌市東区北三十五条東15-1-17 オーシャンビル1F(新道東駅1番出口左横)
TEL:011-704-7171
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

各種お取扱い

・各種健康保険
保険証をお持ちください
(国保・協会健保・共済等)
・交通事故、労災、生保
交通事故での受傷も整骨院で治療することができます。
相手側の保険治療の場合、基本的に患者様の費用負担はありません。
後遺症でお悩みの方も、一度お気軽にご相談ください。