• mixiチェック

結節性紅斑【札幌の針灸院】画期的新治療法|黎明総合院

■2019/10/28 結節性紅斑【札幌の針灸院】画期的新治療法|黎明総合院
結節性紅斑とは下腿部(主に膝~足首)の皮下脂肪に炎症が起きて、赤いシコリを中心に圧痛・発熱・倦怠感及び関節痛が先行または併発する疾患です。
時には長期間の治療も必要となる厄介な病気ですが、たくさんの患者さんが、当院に救いを求めて来院されます。最新の鍼灸治療によって早期に改善することで、大変喜ばれております。


画像① 治療1週間前の写真(自宅撮影)


画像② 治療開始3週間後の4回目の治療後(当院で撮影)

画像①はK,Nさん63才(女性)の治療前の状態です。昨年の12月頃に発症し病院でステロイド治療を行っていたそうですが、一時多少の改善がみられたものの、今年の5月下旬ころから症状が増悪して、いよいよ困り果てて知人の紹介で9月16日に当院へ来院されました。

脈診や腹診・特別な反応点(穴)などをみて、著しい腹部の血流障害や免疫力の低下等がみられたので、免疫強化と皮膚の炎症を抑える治療、そして血流改善の治療を行い、3週間4回目の治療でほとんど改善しました。その画像です。

結節性紅斑の原因としては細菌、ウイルス、真菌などの感染アレルギーが主な原因と考えられています。その他薬剤によるもの、ベーチェット病、サルコイドーシス、クローン病などの合併症によるものがあります。
しかし結節性紅斑は特定の原因がなくても発症する例も少なくありません。


黎明総合院髙橋院長によるアレルギー疾患のセミナー


現代医学(西洋医学)の治療では基礎疾患によって起きるものであれば、それぞれの基礎疾患の治療をすることが先決です。その他の場合は、ステロイドの全身療法が基本的で一般的な治療法ですが、様々な副作用が考えられます。
東洋医学(針・灸)ではどんな副作用もなく、とても安心な治療法です。また、血流を改善することで自己免疫力を上げ、治る方向へ向かっていきます。

新鍼法黎明流黎明総合院結節性紅斑の鍼灸治療は、長年の研究と数多くの臨床経験によって構築した画期的な効果をもたらすものです。また、当院独自の検査法を用いて多彩な病状の原因を見出し、ひとり一人に合わせた的確な鍼灸処置法を行い「治る身体」に導いて行きます。投薬治療の副作用や習慣性を避けて、東洋医学(漢方)の鍼灸治療を希望される方が最近多くなっています。
たくさんの方が、結節性紅斑が治り元気になられておりますので、上記疾患で悩み苦しまれている方は、お電話でご予約の上、ご来院ください。
東洋医学の黎明流・鍼灸治療は効果絶大です。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
黎明(レイメイ)総合院(鍼灸・整骨)
http://reimeisougouin.sakura.ne.jp/
住所:〒007-0835
北海道札幌市東区北三十五条東15-1-17 オーシャンビル1F(新道東駅1番出口左横)
TEL:011-704-7171
各種クレジットカード・銀聯・PayPay取扱い
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

各種お取扱い

・各種健康保険
保険証をお持ちください
(国保・協会健保・共済等)
・交通事故、労災、生保
交通事故での受傷も整骨院で治療することができます。
相手側の保険治療の場合、基本的に患者様の費用負担はありません。
後遺症でお悩みの方も、一度お気軽にご相談ください。